エアラインに限らず転職全般、旅行やマイルなど関心のあるものを発信します!

【貴重】焼失直前の首里城・ノボテル沖縄那覇滞在!那覇唯一のインフィニティプール!

どうもみなさん、おはこんばんにちは。

少し前に沖縄に行ったときに宿泊したノボテル沖縄那覇が以外に良かったので、内容を共有しておきます。
今回は那覇市内の滞在予定でレンタカーは借りず、那覇周辺でゆっくりできるホテルを探していたので、那覇なのにインフィニティプールがあるという点に惹かれここにしました。

国内唯一のノボテルホテルはフランス発祥

沖縄首里にあって、ゆいレール「首里駅」からは少し歩くので、荷物が多い人はタクシーの方がいいですよ。
ま、沖縄行く人はほとんどの方がレンタカーだと思いますが。

妙に感じる古い旅館臭…

でも入ったらとっても近代的。入ってすぐにノボテルの「N」モニュメントがお出迎え、今風らしくインスタ映えできるようにパネルが用意されています。
滞在日は昨年の9/13なんですが、オープンから丁度1周年らしく、いろいろイベントやってます。

チェックインカウンター
今回宿泊するのはエグゼクティブフロアで最上階のラウンジが使用できる部屋になりますが、
エグゼブティブ滞在者はここではなく、15プレミアムラウンジでチェックイン。
勿論そこまではポーターさんが荷物を運んでくれます、いいぞこの優越感

15Fラウンジでチェックインを済ませ、12Fのお部屋へ。ラウンジはまだおあずけだ

ホテルって結構廊下大事じゃないですか?
この雰囲気で部屋がなんとなく想像できる感じ。やだ、ここは古臭さがなくて期待しちゃうわ

エグゼブティブとはいえ至って普通の部屋だけど、なーんかオシャレ。
ツインのお部屋なんですが、ハリウッドツインなので二つのベッドを繋げることが出来てとっても使いやすい。ベッドの間にライトとかいらんから、i-Phoneのジャック付けてくれ

反対側から見るとこんな感じで部屋からバスルームが覗けるタイプ
そういう性癖がある人もこれで大丈夫(もちろんロールカーテンあり)

部屋には貸出用のモバイルケータイがあるので、容量不足に悩む方もこれで。
海外のホテルとか日本にある外資系でもたまにありますよね、使ったことないけど

バスルーム。右の中途半端な仕切りがちょっと使い辛い。閉まらないんですよ、これ。
前側に行かないとシャワーが外にこぼれるんで、ここは改善して欲しい点。超使い辛い。

アメニティがこれ。アトリエコロン(フランス製)、聞いたことありますか?

バスローブが必要なあなた、安心してください。
舘ひろしもこれでばっちり。

窓からは那覇市内が一望。
沖縄は平屋が多いんで、こういうちょっと高い建物に泊まると見晴らしいいですね

ではラウンジに行ってみましょう。

一周出来る最上階のラウンジは眺め最高!

12階から13階がプレミアムフロア。15階がラウンジとなります(ルーフトップバーではない)

15時から18時の間なんで、ティータイムになります。
宿泊日(9/13)は1周年記念イベントということで、10:30からのティータイムとイブニングティータイムが例外的に1F特設フロアらしい。
ちょっと残念…

全体像はこんな感じで円形になっています。ぐるっと一周できちゃう。

軽食テーブル。お上品な感じでクッキーやら何やら

勿論、フランスと言えばのカヌレもございます。めちゃウマ

ティータイムなのでアルコールはまだなし。コーラだけでなく、WILKINSONのジンジャエールとか炭酸水もあるのが嬉しい。
個人的にはシークワーサージュースと炭酸水のアレンジがオススメ!
JALのドリンクサービスで「スカイタイム」というキウイジュースがありますが、一緒に炭酸水ももらうことが出来るので、一緒に飲むとおいしいですよ。
これ頼まれると「おっ、こいつ知ってんな」て思うとか。

こういうのがいちいちオシャレ、さすがオフランス
Nの上の棒はなんだ。

コーラで一息ついたらインフィニティプールへGO!

小っちゃいけれどインフィニティ感は十分に堪能

丁度夕陽のキレイな時間
とてもシンガポールのサンズホテルとは比較出来るレベルではないけれど、那覇市内でインフィニティを体験出来るんだ、贅沢言うなって感じ。
真向いに陽が沈めば最高だけど、真横なのがちょっと足りない。
目の前の小学校で子供が遊んでて、沖縄っていいなーってたそがれたり。

どやこのインフィニティ感。いいぞ、ここだけ見たらシンガポールに見える!

プールが3階にあるので、上を見上げるとこんな感じ。
部屋から丸見えなんで恥ずかしがり屋は無理ですね(笑)

こうやってプールサイドでバーベキューが出来ちゃう。
夏だけ、とは書いてなかったので、オールシーズンで可能かと。

ラウンジのフードメニューは若干不十分

これは1周年イベントだけの限定ですが、9/13だけシャンパンがサービスされていました。
普段お酒を飲まない私にとってもこれは嬉しいけど、お酒詳しくないので銘柄は知らない。なんちゃらパーニュって名前。

ではカクテルタイムへ。
ちょっとメニューが少なくて、これだけじゃお腹は満たされない…

チーズやフルーツがあったり、

生ハムドラゴンフルーツがあったり、

ジーマーミ豆腐があったり、

ドライフルーツもあったりするけれど、全部酒飲みのためのメニューじゃんって。

カクテルタイムはビールが追加されています。
連れはオリオンビールにめっちゃ喜んでました。まさに酒飲みのためのラウンジ。

酒好きには何時間でもいられるかもしれませんね。

那覇市内の夜景が一望できます。
ササッと食べて1Fのイブニングティータイムへ。

何か食べ物あるかなーって思って来たけど、一緒。

コーラがキンっキンに冷えてやがる!!!

こんなところでダラダラしてますが、

空腹に耐えかねてフード頼みました(有料)
ハンバーガーとタコライス。

沖縄と言えばアグー豚とタコライス。それぞれ1,600円と1,100円。安くないし、たぶんチャーリー多幸寿のほうがおいしい。
あまりホテルのレストランで食べるもんじゃないですね、マリオットなら割引になるから別だけど。

お腹が一杯になったら次は運動。たぷたぷになったお腹を動かします。

トレーニングルームのある3Fには他にキッズスペースがあったり、

ランドリールームもある。ぬかりねえな。

トレーニングルームにはランニングマシーンや、

ヨガマット、バランスボールがあったり。
バランスボールでちょっとだけコロコロして運動して部屋に帰ったところ、

こんなもの見つけました。なかなかええやんけ!
今までのホテルの中でもっとも履き心地の良いスリッパ。めっちゃモコモコしてて、今でも使ってます。そしてデザインもいかす

他にも、タオルが今治タオルだったり、ディテールにこだわるノボテル、なかなか良いぞ

翌朝の朝食:バリエーションは多くないが、カクテルタイムよりは充実

朝食の時間帯は、平日か週末かで違うので食べ損ねないように注意

サラダやハムなどちょっとしたもの

和食・洋食にナンプラーを使うかどうかは別として、頑張ってる感は認める。
個人的にはトリュフオイルがお好み

ベーコンやスクランブルエッグなどよくある朝食。ちょっと種類少なめ

ミルクボーイも喜ぶ「コーンフレーク」。
楽してお腹を満たしたいという煩悩の塊。チョコクリスピーはかさ増しに使われないから好物です。

種類少ないけどパンもあって、

ご飯や味噌汁もある。こういうお腹にたまるものは地味にうれしい

朝からコーラなんてって突っ込まれるかもしれないけど、和洋めちゃくちゃでありながらも中々健康的な朝食。
コーラ飲む前にちゃんとオレンジジュース飲んだし、このコーラは缶が小さいからカロリーゼロ

朝食後ひと眠りしてチェックアウト。
チェックアウト後はロビーのカフェでまったり、この後の予定を考えたり、ハンモックでだらだらしたり

至る所にジャックがあるのでノマドするのに便利

建物は古いけど内装はキレイなんで、きっと新築ではなく、他の施設をリノベーションしたと思うんですよね。
正直あまり期待していなかったんですけど、実際泊まってみると那覇市内では中々コスパの良いホテルだったので、もし那覇に滞在することがあれば選択肢の一つとして検討してみてください。

焼失直前の首里城へ

沖縄には数えきれないぐらい来ていますが、なんと首里城に行くのは初めてだったり。
まずはお昼ごはんということで、首里に来たら必ず行く沖縄そば屋がここ↓

個人的には沖縄で最もおいしい沖縄そば屋

濃い味が好きな人には合わないかもしれませんが、薄味好きならきっとハマる。
今見てもよだれ出る。
沖縄そば(中)500円

沖縄の炊き込みご飯(ジューシー)200円
他のお店のような濃い味ではなく、これも薄味

めちゃくちゃ有名な店なんで今更って話ですが、沖縄中のそば屋で最もおいしいと思うので、首里に来たら是非。
11:30 – 14:00までの営業で、繁忙期は割と早めに売り切れになります。

定休日:日曜日

よく見る守礼門、これは焼失後でも見れますね。
首里そばから歩いてこれますが、真夏はちょっと暑い…

この姿はもう生きている間は見れないんじゃないかと思います…もちろん早く復元して欲しいという気持ちはあるけれど。
完全に復元するまで60年くらい要したって話ですからね、赤瓦を作れる技術者がもういないみたいですし、再建着手まで時間がかかりそう。

城の前で祭りの準備をしていますが、これが原因とか言われてますよね。
沖縄から帰ってきて確か1か月以内に火事になったはずで、その直前の姿です。

高台から見る首里城

焼失後も首里城を見に行ったのですが、いたたまれない気持ちになりました。
沖縄のシンボルだし、沖縄の人にとっては思い出深い場所だと思います。
勿論沖縄は首里城だけではないし、首里城が焼失したからといって沖縄が好きであることに変わりはないので、今後も行き続けますよ、沖縄には。

ホテル予約サイト「一休」について

今回はいつものマリオットではなく、一休からの予約。
ステータスがプラチナということもあるんですが、今回のノボテルはクラブフロアアクセス付でなんと8,888円!
ポイント5,000円分消費しているので、それを差し引いても二人で13,888円!!!
那覇とはいえ、クラブラウンジに入れてインフィニティプールを経験出来てということであれば、決して高くないかなと思います。

基本はマリオットに泊まるようにしているんですが、どうしてもマリオットがないところはあるし、高すぎる場合は一休で予約しています。
会員だと結構な割引になるし、タイムセールが頻繁にあるし、ポイント還元率も悪くないので。
ステータスに応じて割引率が異なり、そのステータスの取得ボーダーラインも決して高くないので、年1回海外旅行に行く方であれば割と簡単にプラチナまでいけちゃいます。

気になる方は以下から登録、又は宿泊予約してみてください。

参考になったらフォローをお願いします!
>客室乗務員を目指す

客室乗務員を目指す

客室乗務員の採用面接官も務める管理人が、一人でも多くの優秀な方に客室乗務員になってもらいたいと思い運営を始めました。直接採用面接や客室乗務員に限らず、エアラインに関することなど気になることをお問い合わせ頂ければ、管理人若しくは現役客室乗務員が回答します!趣味の旅行やマイル、クレジットカードや株式についても書いていきます。